開催概要

TOP > 開催概要
龍野アートプロジェクトfacebook
2011年ブログ

龍野アートプロジェクト2012 「刻(とき)の記憶 Arts and Memories」

【会期】2012年11月16日(金)~25(日)※19日(月)休
【会場】うすくち龍野醤油資料館周辺の醤油蔵等(兵庫県たつの市龍野町大手54-1)
【主催】龍野アートプロジェクト 代表 淺井良昭
【芸術監督】加須屋明子(京都市立芸術大学准教授)
文化庁「文化遺産を活かした観光振興・地域活性化事業」ミュージアム活性化支援事業

 「龍野アートプロジェクト」は、地域に残る醤油蔵や伝統的建造物を再生・活用し、現代美術展を開催することにより、芸術とまちの魅力を国内外に発信し、地域の活性化と国際交流を図ることを目的としています。
 2011年秋には第一回を開催し、大きな成果を得ました。本年は2回目の開催で、具体美術協会(具体)にも関わり、また現在はフランスを拠点に精力的な活動を続ける日本を代表する作家、松谷武判(1937- )の渡欧前の貴重な平面作品をまとめて公開するほか、バルセロナを拠点として活躍し、作家活動30周年を迎える山口敏郎(1956- )、空間を巧みに生かしつつ、見るものの感覚を研ぎ澄ます今村遼佑(1982- )によって、特徴のある空間を活かした展示を実現させます。さらに昨年、友好関係を築いたル・アーヴル/ルーアンデザイン美術学校の学生と地元ゆかりの若手作家らによる現代美術の共同展示や公開制作を継続開催し、すぐれた現代美術を国内外に発信します。
 伝統的建築の持つ空間的魅力によって、作家の創作活動を引き出すことと同時に、鑑賞者、地元市民並びに小・中・高生にも現代美術を鑑賞する機会を提供することをめざします。

【招待作家】
松谷武判(MATSUTANI Takesada 1937-)
山口敏郎(YAMAGUCHI Toshiro 1956-)
今村遼佑(IMAMURA Ryosuke 1982-)

【出品作家】
角田広輔(KADOTA Hirosuke 1987-)
佐藤文香(SATO Fumika 1985-)
芝田知佳(SHIBATA Chika 1984-)
ル・アーヴル/ルーアンデザイン美術学校学生[犬丸暁(INUMARU Akira 1984-)/ジェレミー・アンドレ(Jérémy ANDRE 1988-)/マリー・ヴァルト(Marie VALT 1990-)]

【協賛】株式会社 資生堂

【後援】たつの市、姫新線利用促進・活性化同盟会
朝日新聞社、神戸新聞社、産経新聞社、毎日新聞姫路支局、
読売新聞姫路支局、NHK神戸放送局、サンテレビジョン、
ラジオ関西、関西日仏学館

【協力】ヒガシマル醤油株式会社、兵庫県立龍野北高等学校、
兵庫県立龍野高等学校、ル・アーブル/ルーアン高等デザイン美術学校
クリエイティブハウスおくむら

【Web】
designer:SASAKI Shizuka programmer:MURAI Takashi


【連絡先】龍野アートプロジェクト事務局
〒679-4167 兵庫県たつの市龍野町富永1439
(ガレリアアーツ&ティー内)